メインメニューを開く

補綴(ほてつ、: Prosthesis[1])とは、身体の欠損した部位の形態と機能を人工物で補うことを指す[2]。 診療科によって呼称が一定せず、体の中に埋入する医療用具はプロテーゼProthese)、体の表面に取り付ける人工物はエピテーゼと呼ばれることもある。

歯学においては、たとえば歯冠の欠損を、義歯クラウンブリッジなどの人工物を用いて修復することを指す。また、歯牙だけでなく、顔面補綴のように義眼や義耳といった審美的なものや、口蓋裂の閉鎖といった機能的な回復も指す。

人工骨人工臓器義眼入れ歯などのインプラントも種類によってはプロテーゼと呼ばれる。美容外科において、豊胸手術に使われるシリコンバッグ、隆鼻術として鼻を高くするシリコン樹脂板などもプロテーゼの一種である。

また、こめかみに入れるシリコンプロテーゼの開発者は高須克弥である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 英語版 Wikipedia では主に義肢について書かれているが、これは prosthesis の一種である limb prosthesis である
  2. ^ 日本補綴歯科学会, p.90

参考文献編集

  • 『歯科補綴学専門用語集』日本補綴歯科学会医歯薬出版東京都文京区、2011年2月20日、第3版第3刷。ISBN 978-4-263-45627-9

関連項目編集

外部リンク編集