メインメニューを開く

襄陵県(じょうりょう-けん)は中華人民共和国山西省にかつて存在した県。

中華人民共和国 山西省 襄陵県
606年 - 1954年
簡体字 襄陵
繁体字 襄陵
拼音 Xiānglíng
カタカナ転記 シャンリン
国家 中華人民共和国
山西
専区 臨汾専区
建置 南北朝時代
改称 606年
面積
- 総面積 km²
人口

南北朝時代北魏により設置された禽昌県を前身とする。県治は当初は現在の堯都区南東部に設置された。606年大業2年)、隋朝により襄陵県と改称された。宋代になると県治が現在の襄汾県襄陵鎮に遷されている。

1954年汾城県と統合され、襄汾県に改編された。