メインメニューを開く

西園寺 宣久(さいおんじ のぶひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武士西園寺氏の家臣。西園寺十五将の1人。

 
西園寺宣久
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正8年5月18日1580年7月9日
改名 板島宣政(初名)→西園寺宣久
墓所 伊予国来応寺
官位 志摩守
氏族 西園寺氏
父母 父:西園寺公宣
兄弟 公次公広宣久黒瀬公義
信久
テンプレートを表示

略歴編集

西園寺公宣の子として誕生。来村の地に土着し来村殿と称された。

天正3年(1575年)、家藤信種(監物)がそれまで居城としていた道免城へ帰城し、板島丸串城[1]の城主となり板島殿と称され、宇和島周辺を領した。文才があり、和歌紀行文「伊勢参宮海陸の記」を著した。

天正8年(1580年)に病死した。辞世の歌は、「朝な夕な何に心を尽くしてやいたづら事にけふとこそなれ」。来応寺[2]に葬られる。

脚注編集

  1. ^ 宇和島城の前身。
  2. ^ 現・宇和島市宮下。