西宮後駅(にしみやうしろえき)は、かつて愛知県一宮市今伊勢町宮後[1]にあった、名古屋鉄道尾西線

西宮後駅
にしみやうしろ
NISHI MIYAUSHIRO
西一宮 (1.0km)
(1.1km) 開明
所在地 愛知県一宮市今伊勢町宮後
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 尾西線
キロ程 27.0km(弥富起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1924年大正13年)10月1日
廃止年月日 1969年(昭和44年)4月5日*
備考 *1944年(昭和19年)より休止
テンプレートを表示

尾西線の西一宮駅 - 開明駅に存在した駅である。

歴史編集

その他編集

  • 駅跡は尾西線名鉄一宮 - 開明の高架により、痕跡は無くなっている。凡その位置は、i-バス一宮コースの西宮後バス停付近である。
  • 名古屋鉄道尾西線の駅となったさい、名古屋鉄道には既に犬山線宮後駅が存在していた。このため、約半年の間は同じ名の駅が2ヶ所存在したことになる。

脚注編集

  1. ^ 休止時は愛知県中島郡今伊勢町
  2. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1926年1月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集