メインメニューを開く

西尾市立図書館おもちゃ館

西尾市立図書館おもちゃ館(にしおしりつとしょかんおもちゃかん)は、愛知県西尾市亀沢町474番地にある児童館。旧称は岩瀬文庫児童館(いわせぶんこじどうかん)。西尾市立図書館西尾市岩瀬文庫と同一敷地内にある。

西尾市立図書館おもちゃ館

西尾市立図書館おもちゃ館(旧岩瀬文庫児童館).jpg

情報
旧名称 岩瀬文庫児童館
用途 児童館
設計者 西原吉治郎
構造形式 木造桟瓦葺[1]
建築面積 57 m² [1]
階数 平屋建て[1]
竣工 1925年(大正14年)頃[1]
改築 1991年(平成3年)
所在地 445-0847
愛知県西尾市亀沢町474番地
座標 北緯34度52分26.1秒 東経137度03分12.3秒 / 北緯34.873917度 東経137.053417度 / 34.873917; 137.053417座標: 北緯34度52分26.1秒 東経137度03分12.3秒 / 北緯34.873917度 東経137.053417度 / 34.873917; 137.053417
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 1999年(平成11年)6月7日
テンプレートを表示

歴史編集

 
東面

1925年(大正14年)頃、建築家西原吉治郎の設計により、岩瀬文庫の児童館として建築された[2]。学校以外の児童向け施設としては日本でも最初期の施設であり[3]、日本初の児童館とされることもある[4]

1980年に日本建築学会が刊行した『日本近代建築総覧 各地に遺る明治大正昭和の建物』に掲載された[4]。1991年(平成3年)には老朽化のため改築され、全国の郷土玩具などを展示するおもちゃ館となった[5]。1999年(平成11年)6月7日には、西尾市岩瀬文庫書庫と共に国の登録有形文化財に登録されている[1]

2003年(平成15年)にはペンキの塗り替えが行われた[4]。2006年(平成18年)時点では子どもの室内遊技場として使用されていたが[4]、現在は耐震化などのために長期休館中である。

建築編集

建物は木造平屋建て桟瓦葺の小規模な洋風建築である[1]。窓台の高さなどは子どもに合わせて低く設計されている[3][4]。腰壁にはモルタルが塗られ、西尾城城主の家紋などが入った古瓦がはめ込まれている[3][4]。外壁はコロニアル様式の下見板張りであり、日本におけるこの様式の典型例とされる[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 西尾市立図書館おもちゃ館(旧岩瀬文庫児童館)”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2015年8月5日閲覧。
  2. ^ 西尾市岩瀬文庫書庫・西尾市立図書館おもちゃ館(旧岩瀬文庫児童館)”. 文化財ナビ愛知. 2015年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 「西尾市立図書館おもちゃ館(旧岩瀬文庫児童館)」 『西尾市文化財図録 二集』p.32
  4. ^ a b c d e f 「西尾市立図書館おもちゃ館(旧岩瀬文庫児童館)」『西尾市の近代化遺産』p.3
  5. ^ おもちゃ館”. 西尾市立図書館. 2015年8月5日閲覧。

参考文献編集

  • 『西尾市文化財図録 二集』西尾市教育委員会、2004年
  • 『西尾市の近代化遺産』西尾市教育委員会、2006年

外部リンク編集