西島伊三雄

日本のグラフィックデザイナー

西島 伊三雄(にしじま いさお[1]1923年5月31日 - 2001年9月30日[2])は、日本のグラフィックデザイナー童画家。元二科展会員、のちに日本宣伝美術会会員。福岡県福岡市博多出身[3]。福岡市地下鉄の駅のシンボルマークをはじめ、壁画やモニュメント、そしてインスタントラーメンのパッケージデザイン等のデザイナーとして活躍した。

松本清張の作家デビュー以前を知る数少ない人物の一人で、戦後結成されたグラフィックデザイナー団体で、小倉支部長は松本清張、福岡支部長は西島伊佐雄であった。

主なデザイン歴編集

役職歴編集

賞詞編集

  • 1989年 福岡県教育文化功労賞
  • 2000年 勲五等双光旭日章
  • 2001年 福岡市文化特別栄誉賞受賞
  • 2004年 福岡市名誉市民

脚注編集

外部リンク編集