メインメニューを開く

西比利亜自治團(しべりあじちだん)とは、ハルビンにおいてシベリア独立を目指す団体であった。グリゴリー・セミョーノフが、この団体を「極東政府(臨時全ロシア政府)没落後の代表者」と呼び、ロシア帝国の公金を譲渡しようとして失敗している[1][2][3]。また、日本の後援による沿海州占領を計画した[4]

団員編集

  • 団長: ムスチスラフ・ペトロウィチ・ゴルワチョフ (法学博士。露字紙グンバオ「ГунБао」の編集長、哈尓浜東洋大学教授。)[5]
  • 監事: フレゴント・イラリオノヴィチ・ポロチコフ (グンバオ紙東京通信員、元陸軍大佐)[5]
  • 団員: エフゲニー・コンドラトウィチ・ウィシネフスキー (グンバオ紙記者、哈尓浜商工会理事、元陸軍少佐)[5]

出典編集

関連項目編集