西田 長男(にしだ ながお、1909年3月31日 - 1981年3月28日)は、日本の神道学者、國學院大學名誉教授

三重県出身。國學院大学卒。宮地直一に師事。戦前は大倉精神文化研究所研究員、東京帝国大学講師、戦後は国学院大学教授。1955年「日本宗教の発生に関する一試論」で國學院大文学博士

著書編集

  • 葉隠講話』有精堂出版部 1942 
  • 『神道史の研究』雄山閣 1943 
  • 『神道論』躬行会・大倉精神文化研究所紀要 1943 
  • 『神々と国家』明世堂 1944
  • 『日本古典の史的研究』理想社 1956
  • 『日本宗教思想史の研究』理想社 1956
  • 『神道史の研究 第2』理想社 1957
  • 『古代文学の周辺』南雲堂桜楓社 1964
  • 神社の歴史的研究』塙書房 1966
  • 『日本神道史研究』全10巻 講談社、1978-79 
第1巻 (総論編)
第2-3巻 古代編
第4-5巻 中世編 
第6-7巻 近世編 
第8-9巻 神社編 
第10巻 (古典編)

共著編集

校訂編集

記念論集編集

  • 『神道及び神道史 西田長男博士追悼論文集』国学院大学神道史学会編 名著普及会 1987 

参考編集

  • デジタル版日本人名大辞典:[1]