視連(しれん、349年? - 390年?)は、吐谷渾首長

生涯編集

辟奚の長男として生まれた。辟奚の3人の弟が殺害されると、辟奚は憂憤のあまり国政を執れなくなってしまったため、視連が摂政し、「莫賀郎」と号した。辟奚が死去すると、視連が後を嗣いだ。父の死後は7年間政治を執らず、飲酒や遊猟をしなかった。389年西秦乞伏乾帰と通交して、白蘭王に封じられた。 在位15年して死去した。享年は42。2人の子があり、長男を視羆といい、末子を烏紇提といった。視羆が後を嗣いだ。

参考資料編集

先代:
辟奚
吐谷渾の首長
第5代:375年? - 390年?
次代:
視羆