観光地域づくり法人

地域の観光について舵取り・調整を行う組織

観光地域づくり法人(かんこうちいきづくりほうじん、英語: Destination Marketing/Management Organization、略称:DMO)は、魅力的な観光地として、特定の場所を宣伝する組織観光局英語: tourist board, tourism authority)ないし観光コンベンションビューロー英語: Convention and Visitors Bureaux)ともいう[1]。第一に、レジャー目的の旅行者に情報を提供するために存在する。加えて、適したインフラストラクチャーがあれば、イベント主催者にMICEの開催地として選択するように促進する[1][2]

DMOは一般に地方政府のインフラストラクチャーと関係を持ち、往々にして宿泊税などの目的税、会費、政府の補助金などを原資とする財政面の援助を得る[1]。しかしながら、公共部門の観光業への支出削減が、DMOの機能を提供するために民間部門の連携の動機づけになったケースが多い[3][4]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c Friedl, Lois (2019年6月26日). “For adventures, these are top types of adventure travel” (英語). TripSavvy. 2022年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月14日閲覧。
  2. ^ Beck, Jeffrey A. (10 July 2009). “Managing destination marketing organizations, by R. C. Ford & W. C. Peeper”. Journal of Hospitality Marketing & Management 18 (6): 635–638. doi:10.1080/19368620903025063. ISBN 9780615163284. ISSN 1936-8623. OCLC 191909567. https://doi.org/10.1080/19368620903025063. 
  3. ^ Destination funding models: Can DMOs seek financial stability from their governments?”. Destination Think. Destination Think! Professional Services Inc (2016年10月4日). 2020年5月31日閲覧。
  4. ^ Destination funding models: Can DMOs seek financial stability from their governments?” (英語). Destination Think (2016年10月4日). 2022年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月14日閲覧。

外部リンク編集