観点主義(かんてんしゅぎ、独: Perspektivismus(パースペクティウィスムス)、英: Perspectivism(パースペクティヴィズム)、Perspectivalism〈パースペクティヴァリズム〉)または遠近法主義(えんきんほうしゅぎ)、あるいは単に遠近法(えんきんほう)は、認識論上の立場の一つ。ニーチェによって提起された。

関連項目編集

参考文献編集