詩曲 (ショーソン)

詩曲(しきょく、Poème)作品25は、エルネスト・ショーソンが作曲したヴァイオリン管弦楽のための作品。原題そのままで「ポエム」とも呼ばれる。ショーソンの作品中でも著名な曲である。

概要編集

このヴァイオリンと管弦楽のための作品は、ショーソンが1899年に自転車事故で亡くなる3年前の1896年に作曲され、同じ時期に完成された。もともとは、ロシアの作家ツルゲーネフルネサンス・イタリアを舞台として書いた小説『愛の勝利の歌』(または『勝ち誇る愛の歌』)に基づく交響詩として着想されたが、ショーソンはこの小説に漂う神秘的な物語性を絶対音楽的な理念にまで高め、標題を取り去って普遍的な「詩曲」として発表した。

初演は同年4月4日(12月であったとする説もある)に、パリウジェーヌ・イザイによって行われた。

自筆譜はその後、イザイが死に際してフリッツ・クライスラーへ寄贈し、現在アメリカ国会図書館に所蔵されている。

編成編集

独奏ヴァイオリン、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニハープ弦五部

ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲を演奏する際に、同じ編成で編曲が行われた。つまり、独奏ヴァイオリンのほか、オーケストラのパートをピアノと弦楽四重奏が受け持った版である。

その他、ヴァイオリン独奏用にピアノ伴奏の版も存在する。

構成編集

  • レント・エ・ミステリオーソ-モルト・アニマート-アニマート-ポコ・レント-ポコ・メノ・レント-アレグロ-テンポ・プリモ-トランクイッロ

緩やかで神秘的な序奏で始まり、独奏ヴァイオリンが典雅で瞑想的な主要主題を静かに歌う。やがてほの暗い情熱に満ちたクライマックスが築かれたのちに沈静化し、余韻のうちに終わる。演奏時間は約16分。全体は変ホ短調である(楽譜上の調号指定は変ホ長調だが、常に臨時記号が指定され実質変ホ短調として響く)。フラットの多い曲は弦楽器には通常不向きであるが、逆に全体をくすんだ響きにすることにより、後半で現れる半音上のホ短調、つまりシャープ系であり弦楽器の得意な調に移調された主題が効果的に響く。最後は同主調変ホ長調で終わる。

楽曲が用いられた作品編集

  • 小説『仮装集団』(山崎豊子) - 東京体育館で行われたサベーリエフのヴァイオリン演奏会の中で登場する。

外部リンク編集