メインメニューを開く
ルターの自筆「神はわが砦」楽譜(1527年-1529年)
ルターの「神はわが砦」の英語版

詩編46(しへんよんじゅうろく、または詩篇46篇正教会訳で第四十五聖詠)は『旧約聖書』(ユダヤ教聖書)の『詩編』の第46目の詩で、は困難な時の避難所であることを感謝、賛美している。

日本語では、本文(第2節)は「神はわたしたちの避けどころ、」(新共同訳聖書)、「神はわれらの避け所、また力。」(新改訳聖書)、「神は我等の避所なり、」(聖詠経)で始まる。

目次

テーマ編集

この詩はは困難な時の避難所であることを感謝、賛美している[1]

    1. 【指揮者に合わせて。コラの子の詩。アラモト調。歌。】
    2. 神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。
    3. わたしたちは決して恐れない/地が姿を変え/山々が揺らいで海の中に移るとも
    4. 海の水が騒ぎ、沸き返り/その高ぶるさまに山々が震えるとも。〔セラ
    (以上は新共同訳聖書[2]から)
    5. 大河とその流れは、神の都に喜びを与える/いと高き神のいます聖所に。
    6. 神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。夜明けとともに、神は助けをお与えになる。
    7 すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。神が御声を出されると、地は溶け去る。
    8. 万軍の主はわたしたちと共にいます。ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。〔セラ
    (以上は新改訳聖書[3]から)
    9. 彼は地の極まで戦いを息めて、弓を折り、矛を折き、火を以て兵車を焚けり。
    10. 爾等止まりて、我の神なるを識れ、我諸民の中に崇められん。
    11. 萬軍の主は我等と偕にす、イアコフの神は我等を護る者なり。
    (聖詠経:第六「カフィズマ」[4] 第四十五聖詠)

その他編集

この詩はユダヤ教、カトリック、プロテスタント教会、正教会でよく使われている。また、様々に楽曲となっていて、その中で宗教改革者のマルティン・ルターが「神はわが砦」(ドイツ語: Ein feste Burg ist unser Gott)を作っていて[5]、後にこれを基にヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータ80番『われらが神は堅き砦』を作曲している。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集