メインメニューを開く

論 弓仁(ろん きゅうじん、663年 - 723年4月5日)は、中国軍人吐蕃ガル氏の出身。チベット名はガル・マンブジམགར་མང་བུ་རྗེ་)。ガル・トンツェンユルスン(禄東賛)の孫にあたる。

経歴編集

弓仁は、吐蕃のサンパ(宰相)の中の一人であるガル・ティンリンツェンジュの子として生まれた。父のガル・ティンリンは対唐戦で多大な功績を挙げた名将だったが、サンフ(王)のティ・ドゥーソンから名声と専権ぶりを疎まれ、698年に謀殺された。699年に弓仁は吐谷渾の7000帳を率いて武周へ亡命した。また、弓仁は吐谷渾の間で名声があった為、別の1400帳も唐へ降っている。左玉鈐衛将軍に任じられ、酒泉郡公・食邑2000戸に封じられた。707年、唐の朔方軍前鋒遊弈使。708年、左驍騎将軍となった。ときに張仁愿が北方防衛のために3カ所の受降城を築くと、弓仁は諾真水・草心山に駐屯して防衛にあたった。

714年突厥九姓が唐にそむくと、弓仁は軍を率いてゴビ砂漠を横断し、白檉林を越え、火抜部の喩多真種の部落を降した。𨁂跌思太が乱を起こして赤柳澗で戦ったとき、弓仁はわずか騎兵500しか率いておらず、多数の敵に包囲されたが、弓仁は落ち着きはらって包囲を脱出してみせた。戦歴は大小の戦い数百を数え、敗北したことが無かったとされる。左驍衛大将軍に累進し、帰徳州都督使を兼ねた。720年、左驍衛大将軍のまま、朔方節度副大使に任じられた。歴戦のため戦傷が多く、労苦を重ねて発疹が生じたという。玄宗は医師を派遣してかれの病状を診させた。723年に世を去ると、撥川郡王の位を追贈され、を忠といった。

孫に論惟貞があった。

伝記資料編集

  • 新唐書』巻110 列伝第35「論弓仁伝」
  • 撥川郡王碑