議政府KB損害保険スターズ

韓国のバレーボールチーム

議政府KB損害保険スターズ(ウィジョンブKBそんがいほけんスターズ、韓国語: 의정부 KB손해보험 스타즈)は、韓国議政府市を本拠地とする男子バレーボールチーム。

議政府KB損害保険スターズ
原語表記 의정부 KB손해보험 스타즈
ホームタウン 大韓民国の旗 議政府市
創設年 1976年
所属リーグ 韓国Vリーグ
代表者 キム・ギファン
監督 フ・インジョン
ホームページ 公式ウェブサイト
 表示 

歴史編集

1976年、金星バレーボールチーム金星通信→金星)として設立。同年、全国選手権で優勝[1]。以降も、多くのタイトルを獲得し、名を馳せた[2]

1992年、チームが当時のグループ会社(LGグループ)であったラッキー火災海上保険(現在のKB損害保険)に移管した[3]。1995年、社名変更によりチーム名もLG火災となった。1999年、親会社の系列とともにLGグループから独立し、LIGグループとなった。

韓国のVリーグが設立された2005年、プロクラブとなり、Vリーグに参戦。チーム名はLG火災グレイターズとし、本拠地を亀尾市とした。2006年、社名変更により、チーム名もLIG損害保険グレイターズとした[4]2005シーズン2005-2006シーズンは3位に入るが、以降は3位に入れず低迷する。

2012年、KOVOカップで優勝し、プロ化後初タイトルを獲得[5]

2015年、親会社がKB金融グループに買収され、社名変更によりチーム名をKB損害保険スターズに変更した(シンボル名も変更)[6]

2017年7月18日、本拠地を亀尾市から議政府市に移転した[7]

2021/22シーズン、Vリーグのレギュラーラウンドで2位に入り、16シーズンぶりの3位を確定させる。プレーオフでも勝ち、初の優勝決定戦進出となる。優勝決定戦の3番勝負は、レギュラーラウンド優勝の仁川大韓航空ジャンボスが相手で、2試合目で勝ち、1勝1敗の最終決戦に持ち込む。最終戦もフルセットにもつれる大接戦となり、最終セットもデュースまで持ち込み20点を超える大熱戦となるが、惜しくも優勝には届かなかった。しかし、プロ化後初の準優勝を飾った。

歴代所属選手編集

主な成績編集

Vリーグ (韓国)
  • 優勝:なし
  • 準優勝:1回(2021-2022
KOVOカップ
  • 優勝:1回(2012年)
  • 準優勝:3回(2007年、2016年、2018年)

脚注編集

  1. ^ 역사관 - 금성통신 - 고독한 황제” [歴史 - 金星通信 - 孤独な皇帝] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  2. ^ 역사관 - 금성통신 - 조용한 변화” [歴史 - 金星通信 - 静かな変化] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  3. ^ 역사관 - LG럭키화재 - 새로운 준비” [歴史 - LGラッキー火災 - 新しい準備] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  4. ^ 역사관 - LIG손해보험 - 한국프로배구연맹 출범” [歴史 - LIG損害保険 - 韓国プロバレーボール連盟発足] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  5. ^ 역사관 - LIG손해보험 - 희망과 나눔의 1등 LIG” [歴史 - LIG損害保険 - 希望と分かち合いの1等LIG] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  6. ^ 역사관 - KB손해보험 - KB스타즈” [歴史 - KB損害保険 - KBスターズ] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。
  7. ^ 역사관 - KB손해보험 - Team KB, Be the Stars” [歴史 - KB損害保険 - チームKBよ、スターになれ] (韓国語). 議政府KB損害保険スターズ. 2022年9月18日閲覧。

外部リンク編集