メインメニューを開く
1953年

谷村 唯一郎(たにむら ただいちろう、1887年4月5日 - 1982年5月29日)は、日本の弁護士最高裁判所判事

経歴編集

会計検査院の書記をしながら、1914年中央大学法律科を卒業。1917年に弁護士となり、戦前には東京弁護士会会長を務める。戦後は法曹一元化に一環として司法省入りし、司法次官として数々の法改正を手がける。また、GHQ公職追放解除を審査する公職資格訴願審査委員会委員長を歴任。

1951年4月、最高裁判所判事となる。定年前の1956年11月に依願退官。退官後は日本法律家協会会長を歴任。

参考書籍編集

  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)