メインメニューを開く

貨幣経済(かへいけいざい, : Monetized Economy)とは、貨幣によって商品の交換を媒介している経済の一形態。

目次

経済学における扱い編集

貨幣を媒介にした交換・流通のプロセスは現実の市場経済の大きな特色であるにも関わらず、主流派のミクロ経済学では貨幣を考慮したモデルが長らく扱われてこなかったが、近年ではこうした貨幣の機能についての新たな研究が進展しつつある[1]。一方、マルクス経済学においては貨幣の分析が商品の分析に次いで重要視されている[2]

脚注編集

  1. ^ 神取道宏 2014, pp. 255-256.
  2. ^ 相田慎一 1999, pp. 48-57.

参照文献編集

  • 神取道宏 『ミクロ経済学の力』 日本評論社、2014年。ISBN 9784535557567 
  • 相田慎一 『経済原論入門』 ナカニシヤ出版、1999年。ISBN 4888484910 

関連項目編集