メインメニューを開く

趙城県(ちょうじょう-けん)は中華人民共和国山西省にかつて存在した県。現在の臨汾市洪洞県北部、趙城鎮を中心とした一帯に相当する。

中華人民共和国 山西省省 趙城県
617年 - 1954年
簡体字 赵城
繁体字 趙城
拼音 Zhàochéng
カタカナ転記 ヂャオチョン
国家 中華人民共和国
山西省
専区 臨汾専区
行政級別
面積
- 総面積 km²
人口

趙城は西周の造父の封地であった。からにかけ、趙城の地は彘県、永安県、霍邑県(すべて現在の霍州市)に属した[1]

617年義寧元年)に設置される。1072年熙寧5年)、宋朝により廃止されたが、1080年元豊3年)に再設置されている。

1954年洪洞県と合併し洪趙県に改編され消滅した。

脚注編集