軍司令官 (ソビエト連邦)

軍司令官Командующий армией の頭文字をとってКомандармと略される)は、1935年から1940年までソビエト連邦軍で使用されていた階級である。軍集団戦線の指揮官を任命された軍人の称号でもあった。

軍司令官には2つの等級(一等軍司令官と二等軍司令官)があり、大将(ソビエト連邦の大将/上級大将あるいはNATO陸軍士官のOF-9)がほぼ相当する階級と考えられる。

一等軍司令官より上の階級はソ連邦元帥のみである。

二等軍司令官より下の階級は軍団長ロシア語版Комкоркомандир корпусаの略称)であり、後のソビエト連邦軍・ロシア連邦軍における大将に相当する。

一等軍司令官編集

一等軍司令官(Командарм 1-го ранга)
 
 
 
階級章 襟章 外套章

一等軍司令官に相当する他軍種の階級。

二等軍司令官編集

二等軍司令官(Командарм 2-го ранга)
 
 
 
階級章 襟章 外套章

二等軍司令官に相当する他軍種の階級。

参考文献編集

  1. 守屋純 (2017/08/24). 『ジューコフ回顧録』完全版が明かす 独ソ開戦の真実. パンダ・パブリッシング. https://books.google.co.jp/books?id=LvtaDwAAQBAJ&pg=PT41&dq=komandarm&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiM84aIoLneAhVIXLwKHcD6DycQ6AEITDAF#v=onepage&q=komandarm&f=false 2018年11月4日閲覧。 
  2. Nigel Thomas (2012/02/20). World War II Soviet Armed Forces (1): 1939–41. Bloomsbury Publishing. https://books.google.co.jp/books?id=Azi3CwAAQBAJ&pg=PA38&dq=komandarm+1-go&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjc0bfqorneAhXQMd4KHTiUARIQ6AEIKDAA#v=onepage&q=komandarm%201-go&f=false 2018年11月4日閲覧。