メインメニューを開く

辛壬士禍(しんじんしか)又は辛壬の獄(しんじんのごく)は、李氏朝鮮20代目の国王・景宗が即位した1年後である1721年から翌年の1722年までの間、党派の老論と少論が王世弟である延礽君(ヨニングン・後の英祖)の冊封問題で衝突した事件である。