迫田利済

迫田 利済迫田 利濟(さこた としなり、天明6年(1786年) – 安政2年9月21日1855年10月31日))は幕末薩摩国郡奉行。通称は太次右衛門(たじえもん)。若き日の西郷隆盛を郡方書役助(こおりかた かきやくたすけ)として雇った。西郷の聞き入れにより藩に年貢を下げるよう申し出たが、聞き入れられず辞職した。詳しい生涯はよく分かっていない。

墓所は鹿児島県鹿児島市南林寺町 曹洞宗松原山南林寺(現在は臨済宗相国寺派南洲寺)、戒名は風松堂淸山涼心居士[1]

参考文献編集

  • 「三百藩家臣人名事典・6」新人物往来社、1987年(昭和62年)
  1. ^ 風松堂清山涼心居士