通信ネットワーク工学

通信ネットワーク工学 (つうしんねっとわーくこうがく) は、伝送路や交換設備の構成・効率的運用方法などをあつかう工学である。

ネットワーク構成編集

 ネットワーク構成とは、ネットワークの構成の方式の事である。

  • スター形 :交換設備から放射状に接続されるもので、主にLANの端末機器の接続点、公衆通信網の加入者収容部分に用いられる。
  • 環形 :環状に交換設備を接続したもので、一つの区間の障害時には逆向きの接続で伝送できる。信頼性を要求される中継網に用いられる。
  • 階層形 :スター形・リング形を階層に分けて接続したものであり、大規模な公衆通信網に用いられる。
  • バス形 :CSMA/CD(Carrier Sence Multiple Access with Collision Detection)で用いられるもので、送信した信号が全ての端末で受信されるものである。

研究機関編集

通信ネットワーク工学関連の学科を設置している大学編集

関連項目編集