過 惕生(か てきせい、1907年 - 1989年12月12日)は、中国囲碁棋士安徽省徽州府歙県出身。現代中国の初期囲碁界の代表的な棋士で、第1・5回全国囲棋個人戦優勝。聶衛平を育てた。

過惕生
プロフィール
出生: 1907年
出身地: 北京市
職業: 囲碁棋士
各種表記
繁体字 過惕生
簡体字 过惕生
ラテン字 Guo Tisheng
和名表記: か てきせい
発音転記: グオ・ティシェン
テンプレートを表示

経歴編集

1927年20歳の時に天津に出て、顧水如により段祺瑞に引き合わされ、上海に移る。1936年から北京に住み、中華人民共和国成立後は北京棋院副院長を務める。1957年に第1回全国囲棋大会に出場して優勝。1960年から始まった日中囲碁交流にも出場。劉棣懐とともに「南劉北過」と呼ばれた。1964年の中国囲棋協会による段位制開始時には、最高段の五段に認定された。

主な棋歴編集