遠藤喨及

遠藤 喨及(えんどう りょうきゅう、1956年[1] - )は、東京都出身[2]指圧師作家音楽家。タオサンガ・インターナショナル代表。浄土宗の僧侶、和田寺(わだじ)の住職。

目次

来歴編集

1966年から1969年にかけてアメリカニューヨークで暮らす[3]。元家出少年であり、高校を2度中退している[4]。日本指圧専門学校、中央仏教学院卒業[5]増永静人の講習に参加し[いつ?]、その後研鑽を重ね気や経絡を見ることができるようになった、という[6]1983年頃からタオ指圧、気心道を日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オセアニア、中東、タイ、バングラデシュで指導する[要出典]。1990年に得度し僧侶となる。音楽家としても活動する[7]

タオ療法編集

遠藤は経絡を見るという技法を解明しそれを人に伝える術を構築するとしている[8]。それには他者に共感させる能力が必要[9]であり、心のトレーニングに仏教の教えを自身のメソッドに組み込む[10]、遠藤が学んだ増永静人は、鍼灸の古典では”手足に六経ずつ”とされていた経絡を全身十二経として発展させた。そして遠藤喨及は、さらに全身二十四経の他、手足の任脈・督脈、加えて超脈、気心脈など、あらゆる経絡の存在を解明し、それを治療に応用すべく学習者が自ら体験的に学ぶ体系を成立させたと主張している[11]。タオ療法は、手技により経絡を施術し病気の原因となる邪気を排出する手法をとるとしている[12]。著書は数カ国語に翻訳され世界各地で出版されている[13][14][15]

タオサンガ・インターナショナル編集

国や文化を超え世界にネットワークを持つ団体。NPOアースキャラバン、タオ指圧教室、仏教修行道場の運営、人道支援、海外支援活動等を行う[16][17]

NPOアースキャラバン編集

お寺[どこ?]がやっているNPO団体。仏教の利他の精神に基づき世界各国で活動をしており、その理想は『与えられた人がまた、与える存在になること。そしてそれが無限連鎖で繋がっていくこと。国境、人種、宗教、思想、信条の別なく「心の豊かさを与え合う」こと。』であるという[18]

著書編集

音楽編集

  • ウォーター・プラネット(ミディ、1995年5月10日)
  • ルナ・スピリット(ミディ、1996年8月25日)
  • Solar harmony(ミディ、1998年3月1日)
  • ソング・オブ・ピュアランド(ミディ、1997年6月25日)
  • MANDARA DREAMS(ミディ、2000年3月15日)
  • アミリタ(ミディ、2011年4月13日)

出典編集

  1. ^ 『気の経絡指圧法安らぎのツボ実技編』「BOOK」データベース
  2. ^ 著書『「気と経絡」癒しの指圧法』、見返しページ
  3. ^ 著書『「気と経絡」癒しの指圧法』、見返しページ
  4. ^ 遠藤喨及”. お坊さんQ&Aサイト回答僧侶「hasunoha」. 2017年4月29日閲覧。
  5. ^ 『タオ、気のからだを癒す』著者紹介
  6. ^ 著書『気心道』、見返しページ
  7. ^ 著書『気心道』、見返しページ
  8. ^ 著書『気の経絡指圧法安らぎのツボ実技編』、見返しページ
  9. ^ 著書『「気と経絡」癒しの指圧法』、P47
  10. ^ ウェブサイト「指圧とその海外普及」、項目「指圧と応用指圧」を参照
  11. ^ 著書『「気と経絡」癒しの指圧法』、P52、P53、P54
  12. ^ ウェブサイト「気の経絡タオ療法」、項目「タオ療法とは何か?」を参照。
  13. ^ 著書『気心道』、見返しページ
  14. ^ 著書『気の幸福力』、P230
  15. ^ 著書『気の経絡指圧法安らぎのツボ実技編』、見返しページ
  16. ^ ウェブサイト「e-nikka.ca」、項目「トロントの話題」を参照。
  17. ^ 著書『気心道』、P179
  18. ^ NPOアースキャラバンについて”. NPOアースキャラバン. 2017年4月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集