取り持ち女

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
遣り手婆から転送)

取り持ち女(とりもちおんな)は、売春婦と客との仲介をする女性、女性のポン引き、俗に言う遣り手婆(やりてばばあ)を意味する。

取り持ち女が描かれるような売春宿などの情景は風俗画のジャンルのひとつであるが、『取り持ち女』と呼ばれる絵画には以下のように名画とされる作品がある。

ほかにも、ドイツ人画家ハンス・フォン・アーヘン の『取り持ち女(Matchmaking scene)』や、オランダ人画家ヘラルト・ファン・ホントホルスト の『取り持ち女(The Matchmaker)』などが有名である。