メインメニューを開く

郡 茂徳(こおり しげのり、1882年明治15年)9月12日[1] - 没年不詳)は、日本内務官僚台湾総督府官僚。

経歴編集

三重県出身。1912年(明治45年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業して三重県属となり、1913年大正2年)高等文官試験に合格した[1][2]。三重県警視、同員弁郡長、同理事官朝鮮総督府事務官福岡県事務官長崎県書記官愛媛県警察部長高知県警察部長宮崎県内務部長、香川県内務部長、福岡県学務部長を歴任した[1][2]

1932年(昭和7年)、新竹州内務部長に転じ[2]台湾総督府文教局学務課長、総督官房審議室事務官を歴任した[3]

退官後、台中州会議員、台湾野蚕代表、大和村建築信用購買利用組合長、台中州醤油工業株式会社社長[3]、台湾青果株式会社常務、下関中央青果株式会社取締役を務めた[4]

脚注編集

参考文献編集

  • 『輓近大日本拓殖史』日本行政学会、1934年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十二年版』日本官界情報社、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(上)』人事興信所、1943年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。