メインメニューを開く

郵便貯金切手(ゆうびんちょきんきって)とは、1941年昭和16年)7月1日切手による郵便貯金預入れの再開を受け(同年2月17日より貯金法改正で50銭以下の少額貯金が不可となっていた)、これを奨励するために発行された、切手を刷り込んだ台紙である。

この切手には予め10銭切手(二宮尊徳を図案とする)1枚と切手貼り付け枠4枚分が印刷されており、これに10銭切手4枚を貼り足し50銭とすることで預入れることができた。切手の貼付枠には、貯金を奨励する標語が印刷されている。なお、印刷されていた切手を切り取り郵便物に用いることはできた。ただし、注意事項四に本臺(台)紙に印刷の切手は他に使用しないで下さいとの表記がある[1]ので郵便に使用できたか否かは当時の郵便貯金窓口の裁量に任せられたかは不明である。

10銭切手が描かれていない台紙も存在する。

1943年(昭和18年)7月9日限りで廃止されたが、既に販売されたものは半年に限り預け入れを認めた。

切手貼付枠の標語編集

空白は実際には改行。歴史的仮名遣いなどはそのまま表記した。

  • 一忠 二孝 三貯金
  • 小さな貯へ 大きな力
  • 貯金で 身が伸び 國が伸び
  • 克く緊め 克く貯め 克く學べ
  • 貯金報國 我等の つとめ (10銭切手が描かれていない台紙のみ表記)

その他の貯金切手編集

郵便切手類としての貯金切手は、他にも発行されていた。

同種の貯金切手は1900年明治33年)から発行開始され、1923年大正12年)の取扱停止までに第5次まで発行されていた。本項の「郵便貯金切手」は第6次に該当する[2]

また、本項の「郵便貯金切手」と同時期に、ミツバチが図案のグラビア印刷による小型証紙「集金貯金預入票」が発行されていた[2]

脚注編集

  1. ^ さくら日本切手カタログ』1998年版、199ページ。
  2. ^ a b 「郵趣Q&A 内閣印刷局製造の戦時郵便貯金切手について」『郵趣』(日本郵趣協会)1995年1月号、82頁。

関連項目編集