鄧 龍(とう りゅう)は、中華圏の人名。「とう りょう」とも読む。

  • 鄧龍 (後漢) - 中国後漢時代末期の武将(生没年不詳)。本記事で詳述する。
  • 鄧龍 (水滸伝) - 中国の伝奇小説『水滸伝』に登場する架空の人物。二龍山の山賊の頭領。魯智深の入山を拒否したが、楊志の策略にかかって魯智深に殺され、二龍山を奪取される。

正史の事跡編集

姓名 鄧龍
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 〔不詳〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 劉表
家族・一族 〔不詳〕

劉表配下。建安11年(206年)、黄祖の命令により、鄧龍は数千人の軍を率いて孫権領の柴桑を攻撃した。しかし、孫権軍の周瑜から反撃を受けて敗れ、敗走時に追撃されて捕虜となった。捕虜にされた後は、揚州呉郡へ護送されてしまった。その後の消息は不明。

物語中の鄧龍編集

小説『三国志演義』にも登場するが、ここでは黄祖が最終的に滅亡した年月(史実の建安11年(206年)ではなく、2年後の建安13年(208年))に登場している。鄧龍は、同僚の陳就と共に先鋒として孫権軍を迎え撃ったが、孫権側に寝返っていた元同僚の甘寧に、乱戦の中で斬り殺されてしまう。

参考文献編集