この項目に含まれる文字鄭・廟は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鄭成功祖廟(ていせいこうそうびょう)は、台湾台南市中西区忠義路二段にあり、1663年に鄭経が父親の鄭成功を祀ったである。鄭一族が度々修復、改修していた事から鄭氏家廟という別名もある。

鄭成功祖廟
中華民国(台湾)文化資産
鄭氏家廟正門.JPG
前殿入口
鄭成功祖廟の位置(台南市内)
鄭成功祖廟
鄭成功祖廟の位置(台湾内)
鄭成功祖廟

旧称 延平王廟
その他の呼称 鄭氏家廟
種類 祠堂
等級 直轄市定古蹟
位置  台湾台南市
中西区忠義路二段36号
建設年代 Flag of Ming Cheng.svg 明永歴十七年(1663年)
開放年代 毎日09:00〜17:00
観覧費 無料

沿革編集

1663年、鄭経が父親の鄭成功を祀って専祠を起工し、台湾が朝の版図になった後、鄭氏大宗祠(ていたいそうし)と改名し、昭格堂(しょうかくどう)とも呼ばれた。1983年に鄭氏宗祠に一旦改名されるが、2002年4月29日に「鄭成功祖廟」と正式に改名された。1985年11月19日、公告により、台南市の三級古蹟に指定されている。三開口三進の優雅な伝統で、門前の古い井戸は創設時期の遺跡で、庭園には七弦竹で深緑色に染められている。幼年鄭成功と母田川松の彫像がある。

正堂に鄭成功が祀られ、・清の祖先と並んでいる。1771年の「三圭世錫」と堂内の石柱に刻まれた「昭毅無雙開疆復土承天續、格思靡既迪後光前擘海祠」より、鄭氏開拓の功労と祖先を敬う心を彰顕している。

なお、歴史上の鄭成功は、彼自身の目標である「反清復明」を果たす事無く死去し、また台湾と関連していた時期も短かったが、台湾独自の政権を打ち立てて台湾開発を促進する基礎を築いたこともまた事実である為、鄭成功は今日では台湾人の精神的支柱(開発始祖、「ピルグリム・ファーザーズ」)として社会的に極めて高い地位を占めている。

ギャラリー編集

関連項目編集

座標: 北緯22度59分33秒 東経120度12分11秒 / 北緯22.992597度 東経120.203054度 / 22.992597; 120.203054 (鄭成功祖廟)