鄭琢(てい たく、チョン・タク、정탁、1526年 ~ 1605年)は李氏朝鮮中期の文臣。字は子精 、号は薬圃・佰谷、諡号は貞簡。本館は清州鄭氏[1]

鄭琢
各種表記
ハングル 정탁
漢字 鄭琢
発音: チョン・タク
日本語読み: てい たく
テンプレートを表示

履歴編集

  • 1581年 - 大司憲、吏曹参判、進賀使
  • 1589年 - 右賛成、謝恩使
  • 1592年 - 左賛成、迎慰使
  • 1594年 - 右議政
  • 1599年 - 左議政、中枢府判事
  • 1603年 - 中枢府領事、扈従功臣3等、西原府院君、奉朝賀

将軍抜擢編集

  • 壬辰倭乱では李舜臣・郭再祐・金徳齢等の名将を抜擢した。

伸救箚編集

  • 1597年、李舜臣が戦場に進まなかったという罪目で閑山島から漢陽に押送されて、命の危機に陥ると、宣祖に李舜臣を弁護する1298字の伸救箚上書を提出し、李舜臣を救った。[2]

文集及び著書編集

文集
  • 《薬圃集》[3]
著書
  • 《竜湾聞見録》[4]

家族編集

関連作品編集

注釈編集

  1. ^ 鄭琢 - 韓国学中央研究院
  2. ^ [사필귀정] 바늘보다 실이 굵으면
  3. ^ 한국고전종합-약포집
  4. ^ 한국고전종합-용만문견록
  5. ^ 한국학자료센터만가보 : 8 책 71 면 (좌측) 9 단 1 행
  6. ^ 연산 39권, 6년