メインメニューを開く

酒井 克己(さかい かつゆき[1])は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。愛知県出身。1949年全日本フィギュアスケート選手権優勝。

経歴編集

1938年全日本ジュニア選手権に出場し2位に入る。

1940年全日本選手権に出場し、有坂隆祐に続き2位に入る。その後、1949年の全日本選手権で優勝を果たす[2]

1950年国民体育大会愛知県代表として出場し、一般男子で優勝。同大会で愛知県が優勝するのは初の快挙である。その後、1952年の国体でも2度目の優勝を果たす[3]

主な戦績編集

大会/年 1938-39 1939-40 1940-41 1949-50 1950-51 1951-52
全日本選手権 2 1
全日本ジュニア選手権 2
国民体育大会 1 1

脚注編集