釈円栄朝

鎌倉時代前期の臨済宗の僧

釈円栄朝(しゃくえん えいちょう)は、鎌倉時代前期の臨済宗

釈円栄朝
永万元年 - 宝治元年9月26日
1165年 - 1247年10月26日
生地 上野国那波郡
宗旨 臨済宗
寺院 上野長楽寺
明庵栄西
弟子 円爾弁円蔵叟朗誉など[1][2]

経歴・人物編集

顕密二教を修め、明庵栄西より印可を受ける[2]上野世良田に長楽寺を開山し、禅を関東にひろめた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 人名規範資料庫、2019年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『釈円栄朝』 - コトバンク

外部リンク編集