釋迦ヶ嶽 庄太郎(しゃかがたけ しょうたろう、1889年5月15日 - 1966年7月18日[1])は、山形県山形市釈迦堂出身で山科部屋出羽海部屋に所属した力士。本名は川鰭 庄太郎(旧姓富塚)。8代山響。174cm、90kg。最高位は西前頭3枚目。

経歴 編集

1906年1月初土俵、1913年1月十両昇進。1914年5月入幕し、平幕を上下した。1917年1月にから金星を獲得。1922年1月限り引退し、山響を襲名。出羽海部屋付きの平年寄で終始し、1961年1月定年退職した。

成績 編集

  • 幕内15場所57勝73敗11休9分預

改名 編集

最上山→釋迦ヶ嶽 [2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19140502.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709

関連項目 編集