重変ヘ(じゅうへんヘ)は西洋音楽の音名のひとつ。の楽譜上の位置を変えずに半音下げた変ヘからさらに半音下げた音であり、楽譜ではヘにdouble flat重変記号)を付けて表す。各調の中で、この音を音階の中に含む調はない。

重変ヘ
NotesFDoubleFlat.png
各言語での名称
英語 F-double-flat
独語 Feses
仏語 Fa double bémol
伊語 Fa doppio bemolle
異名同音
嬰ニ変ホ
音階上の位置
テンプレートを表示

各オクターブの重変ヘ編集

オクターブ表記 周波数 MIDI
Note No.
譜例 備考
国際式 日本
F 0 Feses2 下二点重変へ 19.44543648Hz 15
F 1 Feses1 下一点重変へ 38.89087297Hz 27 *
F 2 Feses 重変へ 77.78174593Hz 39 *
F 3 feses 重変ヘ 155.56349186Hz 51 *
F 4 feses1 一点重変ヘ 311.12698372Hz 63 *
F 5 feses2 二点重変ヘ 622.25396744Hz 75 *
F 6 feses3 三点重変ヘ 1244.50793489Hz 87 *
F 7 feses4 四点重変ヘ 2489.01586978Hz 99
F 8 feses5 五点重変ヘ 4978.03173955Hz 111
  • 一部の楽器製造会社では、国際式より1小さい数字が使われている。
  • 周波数は、A()=440Hz十二平均律としたときの概算である。