メインメニューを開く

重文

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

重文(じゅうぶん)

  • 重要文化財の略称。
  • 主語と述語が並列的に二つ以上含まれたのこと。「風が吹き、雨が降る」など。文法では等位接続詞 (and, or, but など) によって結合された(主語と述語の組み合わせを含む語の集合)によって構成される文をいう。
  • 説文解字において、主となる見出し字である小篆の「文」に対して、異体字である古文籀文の文字。

重文(しげふみ)