メインメニューを開く

野中広務 差別と権力

野中広務 差別と権力』(のなかひろむ さべつとけんりょく)とは、フリー・ジャーナリストノンフィクション作家魚住昭による政治家・野中広務の伝記的ノンフィクションの作品。2004年講談社から出版された。第26回講談社ノンフィクション賞(2004年)を受賞。

内容編集

  • 魚住による綿密な取材により、政治家・野中広務の生い立ちから『影の総理』と呼ばれるに至った過程を伝記的にまとめている。
  • この作品が有名となったのは、野中が、元総理大臣麻生太郎が、野中に対して差別発言をしたとして、自民党総務会の席で抗議したことを記述したことによる(衆議院総務委員会などでも取り上げられた)。
  • 2004年に単行本として、2006年に講談社から文庫化された。文庫化において、魚住と元外交官佐藤優との対談が加筆された。

関連項目編集

  • 佐高信 - 本書文庫本の解説を書いている。