野宮(ののみや)とは、斎王卜定された後に一定期間籠る施設。

概要編集

斎王は卜定の後に「やや神に近づく」ために世俗からの隔離措置が取られ、最初の一定期間を宮城内に設けられた初斎院伊勢神宮斎宮は1年間、賀茂神社斎院は3年間)にて潔斎を行い、その後に野宮に遷って潔斎を続けた他、各種の儀式も執り行われた[1]

伊勢神宮斎宮の場合、初斎院から移って伊勢群行するまでの1年間を過ごす施設を指し、卜定によって宮城郊外の浄野に設置されることとされていた(『延喜式』)。古くは天武天皇の時代に大伯皇女が泊瀬斎宮に籠った例が知られ、平安遷都以後は主に嵯峨野もしくは西院に造営された。現在残る野宮神社西院野宮神社斎宮神社斎明神社はその名残とされている。斎宮の野宮は当該斎王1代・1年間限りのもので、斎宮の群行もしくは退下の後に一旦取り壊され、新たな斎宮卜定後に新たに造営された。とはいえ、斎宮に仕える職員は男女145名(うち80名は初斎院時代より奉仕)おり、一定の規模が備わった施設であった。

脚注編集

  1. ^ 榎村『日本歴史大事典』

参考文献編集

関連項目編集