金善ビル(かなぜんびる)は、群馬県桐生市本町にある近代建築である。

金善ビル
情報
用途 店舗倉庫住宅
旧用途 事務所
建築主 金善織物
構造形式 鉄筋コンクリート造
階数 地上4階、地下1階
竣工 1921年大正10年)頃
所在地 376-0031
群馬県桐生市本町五丁目345番地
座標 北緯36度24分41.74秒 東経139度20分21.47秒 / 北緯36.4115944度 東経139.3392972度 / 36.4115944; 139.3392972 (金善ビル)座標: 北緯36度24分41.74秒 東経139度20分21.47秒 / 北緯36.4115944度 東経139.3392972度 / 36.4115944; 139.3392972 (金善ビル)
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 2006年(平成18年)3月27日
テンプレートを表示

群馬県内の鉄筋コンクリート建造物では最古級であり、2006年(平成18年)3月27日に、国の登録有形文化財となっている。

概要 編集

桐生市中心部の本町五丁目にあり、本町通りに面している。間口8.2メートル、奥行9.1メートルの鉄筋コンクリート造であり、1階外壁は石張り、2階から4階はタイル張り、階段部分は木造となっている。

ビルの名称は織物業を営んだ金居善太郎の屋号に由来し、金善ビルは金居善太郎の長男である二代目の金居常八郎によって、1921年大正10年)頃に建築された。

戦前は金善織物の事務所として使用されていたが、金善織物は戦時統合により廃業となっている。建築当初は地上5階建てであったが、5階部分は老朽化のため取り壊されている。

参考文献 編集

  • 佐々木正純 編著 『きりゅう百景』 2008年(平成20年)66-67頁、35 金善ビル

関連項目 編集

外部リンク 編集