メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
金太郎飴
スペインの金太郎飴と言われるパパブブレのキャンディ

金太郎飴(きんたろうあめ)は、飴細工の一つである。その起源となる元禄飴は江戸時代中期に遡る。金太郎の顔をあしらったものは大正昭和にはじまるとされる。

概要編集

日本の昔話主人公である金太郎の顔の睫毛や瞳などを含む月代(さかやき)などの色を模した板状のをあらかじめ用意し、切った断面の形になるように各部位に配置した後、適当な太さに細長く伸ばし切断して作られる。全ての工程は飴が熱く柔らかいうちに行われる。

題材は基本的には金太郎の顔だが、金太郎の顔でないキャラクター文字などの場合もある。これも金太郎飴と呼ばれることがある。

ただし、正式名称は「組み飴」と言う。名前の由来は、職人が大阪に修行に行った時、大阪では「おかめ」「福助」の絵柄だったが、関東では足柄山が近かった為に名付けられた。

これから派生して、人や意見について、杓子定規で個性がなく全員が同様・無難な内容を答えることを「金太郎飴的」と表現することがある。英語では同趣旨の慣用句として「Cookie-cutter」(クッキーカッター。“どこから見ても同じ見え方”)がある。

商標をめぐる動き編集

東京都台東区の金太郎飴本店は、2009年に広く和洋菓子・パン類に対して「きんたろう」「金太郎」を商標登録していたが、「洋菓子、アイスキャンデー、アイスクリーム、シャーベット、フローズンヨーグルト」について、3年間の使用実績がないとして2014年に取り消し請求を受け、2015年の審決では「飴とキャンデーの概念に本質的な違いがない」ことを理由に取り消し請求は却下された[1]

上記審決後の2015年11月に、金太郎飴本店は「金太郎飴」を商標出願し、2016年1月に登録(第5822825号)を受けた[2]

脚注編集

  1. ^ 審判 一部取消 商50条不使用による取り消し 無効としない X30 - 商標審決データベース
  2. ^ 特許情報プラットフォームでの「金太郎飴」の検索結果による。

関連項目編集

外部リンク編集