メインメニューを開く

概要編集

松本市梓川梓からは北西側にあり、地区の裏山と言える。かつては、地区の住民が、山菜キノコの採集にこの山に入った[1]梓川対岸の波田地区からは、形のよい山が2つ、どっしりと構えているのが正面に見える。右が金松寺山であり、少し左に離れたものが「天狗岩」(標高1,963.9 m)である[1]。金松寺山と天狗岩は、徒歩1時間半ほどの距離である[1]

シダレカラマツ編集

シダレカラマツという木があり、2007年3月に松本市特別天然記念物に指定された。の太さが55.5 cm、樹高15 mで、幹にねじれがある。登山道入り口から徒歩1時間半ほどの金松寺山中腹にある[2]

登山編集

梓川村では、毎年、村民登山を行っていた[1]。 対岸の波田小学校では、以前、高学年児童の遠足目的地の1つであった。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『信州ふるさと120山』128~129ページ
  2. ^ 『松本市公民館報 梓川版』2014年1月30日第774号記事、松本市ホームページにあり