金 永善(キム ヨンソン、1918年4月25日 - 1987年2月17日)は、日本統治時代の朝鮮および大韓民国官僚政治家。日本名は金山 永善

生涯編集

忠清南道保寧郡にて誕生。京城帝国大学法文学部を卒業。高等文官試験行政科に合格し、珍島郡守を務めた。第二次世界大戦後は財務部長官(1960年-1961年)、国土統一院長官(1970年-1973年)、駐日大使(1974年-1978年)を歴任。また保寧郡から国会議員に選出され、通算3期を務めた(1950年-1958年、1960年-1963年)。

1960年の財務部長官時代に張俊河と知り合い、国土建設事業への参画を強く依頼した。張俊河は当初は固辞したが、金永善の繰り返しの要請と劉彰順太完善らの働きかけを受けて、最終的には承諾した[1]。1960年10月から経済計画の草案作成を開始し、1961年4月に完成させた[2]

張勉政権のナンバー2という評価を受けたが[3]、1961年の5・16軍事クーデターにて失脚した。

金永善は大韓商工会議所専門委員などを務めた。また雑誌『思想界朝鮮語版』に参加し、同人活動を行った[1]

参考資料編集

注釈編集

  1. ^ a b 李容遠『第2共和国と張勉』25ページ、汎友社、2007年。
  2. ^ 徐重錫『韓国現代史60年』82ページ、歴史批評社、2008年。
  3. ^ 풍류는 없고, 돈만 남았다 - 韓国アイドットコム スポーツ韓国、2009-06-01


公職
先代:
申泰煥
  大韓民国国土統一院長官
第2代:1970 - 1973
次代:
金溶植
先代:
尹皞炳
  大韓民国財務部長官
第11代:1960 - 1961
次代:
白善鎭
外交職
先代:
李澔
  駐日大韓民国大使
第5代:1974 - 1978
次代:
金正濂