メインメニューを開く

金童(キムトン、1308年 - 1325年11月26日)は、高麗の第27代王忠粛王の妃。モンゴル人で、の皇族の魏王アムガの娘。1324年、忠粛王の王妃の亦憐真八剌の没後、忠粛王の王妃に降嫁される[1]。翌年10月、漢陽の龍山行宮で死去。没後の1343年、元より曹国長公主に追封される[1]

金童
高麗王后

別称 曹国長公主
出生 至大元年(1308年)
死去 泰定2年10月12日
1325年11月26日
漢陽
配偶者 忠粛王
子女 龍山元子朝鮮語版
父親 アムガ
テンプレートを表示

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 14

参考文献編集