メインメニューを開く

鈴木 一(すずき はじめ、1913年大正2年)10月1日 - 1978年昭和53年)2月7日[1])は、日本政治家民社党衆議院議員(4期)。参議院議員(1期)。

経歴編集

秋田県出身。1938年東京帝国大学文学部倫理学科卒[2]。翌年文部省の嘱託となる[2]。後に全国購買農業協同組合連合会課長、部長などになる[2]。他、全国農業会書記長、委員長[2]労働組合委員長、会社社長などを務める[3]

1953年第3回参議院議員通常選挙において秋田地方区から無所属で立候補して当選[4]、当選後は日本社会党に入った。1958年第28回衆議院議員総選挙では秋田1区から無所属で立候補して初当選[5]。当選後の所属政党は日本社会党から民主社会党、民社党となった。衆議院議員は4期務めた。1972年の総選挙で落選[5]。1978年死去。

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、670頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』335頁。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』335頁。
  4. ^ 『朝日選挙大観』573頁。
  5. ^ a b 『朝日選挙大観』454頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。