鈴木将典

日本の歴史学者

鈴木 将典(すずき まさのり、1976年 - )は、日本の歴史学者、博士。専門は戦国・織豊期の社会経済史[1]

来歴編集

東京都生まれ。1999年駒澤大学文学部歴史学科、2002年駒澤大学大学院人文科学研究科日本史学専攻修士課程卒業。2009年駒澤大学大学院人文科学研究科歴史学専攻博士後期課程修了、博士(歴史学、論文『戦国織豊期の大名権力と地域社会:甲斐・信濃両国を事例として』[2])。戦国・織豊期の社会経済史、特に戦国大名武田氏や織田・豊臣政権の支配構造を専門とする。

2003年3月より江東区中川船番所資料館学芸員(非常勤)。2011年4月から駒澤大学文学部歴史学科 非常勤講師を併任。2015年4月、江東区芭蕉記念館 学芸員(非常勤)。

2018年4月より公益財団法人静岡市文化振興財団 事務局学芸課 学芸員[3]。戦国史研究会 事務局長、静岡県地域史研究会 幹事などを歴任。

著書に『国衆の戦国史―遠江の百年戦争と「地域領主」の興亡』『戦国大名武田氏の戦争と内政』『戦国大名武田氏の領国支配』など[4]

著書編集

  • 『論集戦国大名と国衆 〈8〉 遠江天野氏・奥山氏』岩田書院 2012.3
  • 『戦国大名武田氏の領国支配』岩田書院 2015.12
  • 『戦国大名武田氏の戦争と内政』星海社 2016.7
  • 『国衆の戦国史―遠江の百年戦争と「地域領主」の興亡』洋泉社 2017.4

共著編集

  • 『今川氏研究の最前線』大石泰史編 (担当:分担執筆【今川氏と検地】「検地」の実像は、どこまでわかっているのか)洋泉社 2017.6

出典・脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 紀伊國屋書店. “『戦国大名武田氏の戦争と内政』著者等紹介”. 2019年2月12日閲覧。
  2. ^ 国立国会図書館. “博士論文”. 2019年2月12日閲覧。
  3. ^ researchmap.jp. “鈴木将典”. 2019年2月12日閲覧。
  4. ^ 紀伊國屋書店. “著書”. 2019年2月12日閲覧。

 

外部リンク編集