メインメニューを開く

鈴木 長十(すずき ちょうじゅう、1904/1905年- 1979年8月2日)は、元駿台高等予備校(現駿台予備学校)学長。駿台高等予備校英語科講師、初代英語科主任。戦前、戦後に渡って受験英語界の第一線で活動していた。

経歴編集

東京高等師範学校(のちの東京教育大学、現筑波大学)英語教員養成科を卒業後、駒込中学の英語講師をしていた。その傍らで駿台で講師をしていた岡田實麿の手伝いをしていたが、1939年に岡田が病気で講義を休むようになると駿台の専任講師となった。

講師になってからは、徹底的な教材研究・下調べ・独特の教授法で、瞬く間に生徒の人気を得た。また予備校講師の傍ら、講師として大学へ出講していた。また多くの参考書も手がけ、晩年は駿台の学長に就いた。

1979年肺癌で死去。74歳であった。後任の英語科主任には伊藤和夫が就任した。

補足編集

  • 伊藤和夫と共に執筆に携わった『基本英文700選』は往年の受験生(1970年代 - 1980年代)に広く使われ、親しまれていた。また現在では改定された『新・基本英文700選』として発売されている。
  • 予備校講師の中で彼の授業を受けた者も多い。特に今井宏の口癖の「てんてんぷるぷる」等は元々鈴木の口癖であったものである[1]
  • A is no more B than C is D. の比較表現をクジラの構文として紹介したのは鈴木である。

著書編集

  • 『英文解釈の根柢 総括・整理』学友社 1947
  • 『基本英文700選』伊藤和夫共編(駿台文庫、1968)
  • 『試験の英単語完全整理』伊藤和夫共著(実業之日本社、1972)
  • 『大学入試3000語 駿台高等予備校副読本』伊藤和夫共編 駿台文庫 1979
  • 『必修英単語3000選』伊藤和夫共編(駿台文庫、1985)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「今井宏のB組・英語実力アップ教室」などの授業内で今井が述べている。

関連項目編集

外部リンク編集