鉄門(てつもん/ポルツィレ・デ・フィエル、ルーマニア語: Porțile de Fierセルビア語: Ђердапска клисура / Đerdapska klisuraハンガリー語: Vaskapu-szorosドイツ語: Eisernes Tor英語: Iron Gates)とはドナウ川カルパティア山脈を横断する部分の峡谷セルビアルーマニア国境の一部をなす。広義には、134 kmからなる渓谷であり、狭義には東端部のみを指す。東端部はルーマニアの都市オルショヴァの郊外にあり、現在は水力発電目的のダムが建設されている。

ドナウ川の鉄門
カザン渓谷
鉄門ダム

景勝地として著名である。鉄門の周辺は湿地帯となっている。

ダムはルーマニアユーゴスラビアの共同事業で、治水を目的に1964年に建設が開始された。1972年に完成、二つの水力発電所と二つの水門が付随している。