鉄門 (中央アジア)

鉄門(てつもん)とは、バルフサマルカンドの間の隘路である。この隘路はヒサール山脈からアムダリヤ川の方に南北に広がる険しい山脈を抜ける数少ない通り道になっている。そのため紀元前328年にマケドニアのアレクサンドロス3世がここを通って以来[1]バクトリアソグディアナ間の通路として使われ、この地方のどんな権力にとっても重要な隘路だったようである。名前の由来は隘路に聳え立つで補強されたであり、実際にスルハンダリヤ州バイスンの西にあったと信じられている[2]

木彫刻、p. 503. 'Nouvelle Géographie Universelle, La terre et les hommes', Part VI, 'L'Asie Russe', Édition Élisée reclus, Paris, 1881 より

脚注編集

  1. ^ S・ヘディン『カラコルム探検史(上)』白水社、1979年、P.21。
  2. ^ Alexey V. Arapov.. “Boysun. Masterpieces of Central Asia”. 2014年3月25日閲覧。 “The Iron Gates were located on the old road in the canyon of Dara-i Buzgala-khana 3 km to northwest from Shurob kishlak.”

参考文献編集

  • Soucek,Svat (2000). A History Of Inner Asia. Cambridge University Press. p. 5. ISBN 978-0521657044 

座標: 北緯38度13分17.7秒 東経66度54分24.6秒 / 北緯38.221583度 東経66.906833度 / 38.221583; 66.906833