鍋島直樹 (仏教学者)

日本の仏教学者

鍋島 直樹(なべしま なおき、1959年 - )は、日本仏教学者、浄土真宗本願寺派僧侶。専門は真宗学(真宗教義学)、実践真宗学。龍谷大学大学院実践真宗学研究科長・教授、文学部真宗学科教授。浄土真宗本願寺派真覚寺住職[1][2]

鍋島 直樹
なべしま なおき
人物情報
生誕 1959年????
日本の旗 日本兵庫県神戸市
出身校 龍谷大学
学問
研究分野 真宗学(真宗教義学)、実践真宗学
研究機関 龍谷大学
学位 修士(文学)(龍谷大学)
学会

日本スピリチュアルケア学会 仏教看護・ビハーラ学会 宗教倫理学会 真宗連合学会 日本宗教学会 国際真宗学会 龍谷大学真宗学会 日本仏教学会 日本印度学仏教学会

日本臨床宗教師会
テンプレートを表示

来歴編集

兵庫県神戸市出身。

  • 1981年3月 - 龍谷大学 文学部 仏教学科真宗学専攻卒業
  • 1983年3月 - 龍谷大学大学院 文学研究科修士課程 真宗学専攻修了
  • 1986年3月 - 龍谷大学大学院 文学研究科博士課程 真宗学専攻単位取得満期退学
  • 1987年4月 - 1996年3月龍谷大学 文学部 専任講師
  • 1990年4月 - 1998年3月京都女子大学 非常勤講師
  • 1996年4月 - 2000年3月龍谷大学 文学部 助教授
  • 1998年9月 - 1999年9月カリフォルニア大学バークレー校で研究
  • 2000年4月 - 2003年3月龍谷大学 法学部 助教授
  • 2003年4月 - 2010年3月龍谷大学 法学部 教授
  • 2010年4月 - 龍谷大学 文学部真宗学科 教授
  • 2017年4月 - 2021年3月龍谷大学 実践真宗学研究科 研究科長

被災地との関わり編集

  • 1995年1月17日、阪神淡路大震災を経験。住んでいた真覚寺も被災する。
  • 2011年3月11日、東日本大震災をうけて、被災地を震災直後から41回訪問(2020年時点)。遡ると2004年から、宮沢賢治記念館や宮沢家と交流があり、宮沢賢治が『雨ニモマケズ』の詩の中で、「行ッテ」という言葉に着目し、行動することの重要性、身が寄り添う時に心も寄り添うことになると考え現地への訪問を行っている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鍋島 直樹|文学部|龍谷大学 You, Unlimited”. www.let.ryukoku.ac.jp. 2021年3月3日閲覧。
  2. ^ “[https://shinshu-gakkai.omiya.ryukoku.ac.jp/kyoju/nabeshima/prof.html �瓇���� ����]”. shinshu-gakkai.omiya.ryukoku.ac.jp. 2021年3月3日閲覧。

外部リンク編集

  • 鍋島直樹 - Researchmap  
  • 鍋島直樹 - J-GLOBAL
  • 鍋島直樹 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000090198375論文一覧(CiNii)
  • 日本の研究.com:210268
  • 鍋島直樹 - CiNii論文
  • 鍋島直樹 - CiNii論文
  • 教員・スタッフ紹介 - 龍谷大学
  • 研究者データベース - 龍谷大学