メインメニューを開く

鏡山沖野右エ門(かがみやま おきのえもん)は、江戸時代の大相撲の第4代大関。番付上は「奥州」頭書。

1758年(宝暦8年)春場所、1場所のみ西の看板大関を務めた。享保時代に同名の強豪力士がおり、その名前をそのまま名乗ったが、実力がなかった。

主な成績編集

  • 通算成績:不明(勝敗記録現存せず)

関連項目編集

外部リンク編集