長尾 定景(ながお さだかげ)は、室町時代後期の武士山内上杉家の家臣である足利長尾氏2代当主。

 
長尾定景
時代 室町時代後期
生誕 不明
死没 文明7年2月6日1475年3月13日
官位 但馬
主君 上杉顕定
氏族 長尾氏
父母 父:長尾景人
兄弟 定景景長
テンプレートを表示

長尾景人の嫡男として誕生。文明4年(1472年)に父の死により家督を継ぎ、主君である関東管領上杉顕定の偏諱を受け「定景」と名乗るが、病弱であったらしく僅か3年で急死した。

このため、叔父・長尾房清の後見を受けた弟・景長が後を継いだ。